検索エンジンに対応したホームページにするには

インパクトについて

ホームページ制作とデザインのインパクトについて

Website-Designホームページ制作の際、注目を集めるためにインパクトのあるデザインを心がけることは、非常に重要なことです。しかし、それに気を取られすぎると、今度はウェブサイトが見辛くなるという問題点があります。そのため、これらのバランスを考慮することは、ホームページを制作する際の大きな問題になってくるのです。

まず、インパクトのあるデザインの具体例としては、文字や背景に工夫を凝らしてみると言うことが挙げられます。また、音楽を流すことや、アニメーション効果を導入してみることなども、その一種と言えるでしょう。こうした演出は、ホームページ制作キットなどにサンプルが入っているため、それらを組み合わせるだけで簡単に利用することができるというのも大きな強みです。

しかし、文字や背景の組み合わせが悪いと、文字が背景と混じって見辛くなり、音楽やアニメーションなどは、人によっては耳障り、目障りと感じることもあります。さらに、閲覧者のインターネット環境によっては、これらが負担となり、処理落ちを引き起こすことすらありうるのです。そのため、安易にウェブサイトを飾り立てることは、かえって閲覧者にとってのストレスになりかねないということに注意する必要があります。

しかし、それは、閲覧者にインパクトを与える必要がないということではありません。つまり、全面的に飾り立てる必要はなく、本当に目立たせたい場所だけを目立たせるデザインにするということです。そうすれば、閲覧者もコンテンツを探しやすくなりますし、接続環境に対する負担も少なくなります。さらに言えば、ホームページ制作者も労力を省けるため、いろいろとメリットは大きいのです。

ただし、ここで重要となるのが、「何を目立たせるか」ということです。しかし、これについては、ホームページ内の各ページで変わってくるため、一概には言えません。例えばトップページであれば、各コンテンツへのリンクを目立たせるべきであると言えますし、それぞれのコンテンツにおいては、やはり、それぞれのテーマが重要となります。これらについては、ホームページ制作の前段階として、ある程度構想を練っておいた方が良いでしょう。

また、ホームページ制作を終えた後は、ウェブサイトからホームページを確認することも重要です。これは、製作者と閲覧者では視点も異なってくるため、改めて閲覧者としてウェブサイトをチェックすることで、製作者の視点では見えてこなかった問題点が見えてくるためです。さらに、できれば知人などにもウェブサイトを見てもらい、その意見を参考にすることで、よりデザイン上のインパクトと利便性を両立させやすくなります。