検索エンジンに対応したホームページにするには

カスタマイズできる

カスタマイズできるホームページ作成方法

カスタマイズできる一回作ったホームページ。出来上がってから見るとなんだかイメージと違うと感じたことはないでしょうか。最初にデザインをしっかり組んでから制作している場合は、ホームページ作成前に完成形を確認することができます。しかしワードプレスのようなオープンソースのブログソフトウェアを利用した場合は、フォトショップなどでデザインを作らなくてもある程度のものを作ることが出来ます。カスケーディングスタイルシート(CSS)という技術を使うことで、簡単にホームページをカスタマイズできます。

CSSでデザインをカスタマイズするメリットは、その容易性にあります。1ページごとに文字の色やフォント、幅などを指定している場合、デザインを変更すると全てのファイルをいじらなくてはなりません。CSSは他のページと共通で利用することができるデザインのための命令文のようなものです。この命令文を変更すると、共通して利用している箇所全てが一瞬で変わるのです。

ホームページ作成で注意しなくてはならないのは、その後の更新のしやすさです。また、オープンソースのブログツールは他の人がデザインセットを無料で公開しているものも多く、技術や知識、センスがなくてもきれいなサイトを組めるようになっているのです。これらのデザインセットのことを「テンプレート」と呼びます。もちろんテンプレートもCSSで指定されているため、自分の好きなようにカスタマイズすることができます。ホームページ作成でワードプレスなどのソフトウェアを利用している会社は結構あります。技術があれば自分でテンプレートのようなものを作ることも可能です。テンプレート同士の切り替えもできます。ただし作り方によっては崩れてしまうこともありますので、注意しましょう。もし切り替える場合は必ずバックアップを取っておきましょう。

ホームページ作成において、更新前にデータのバックアップしておくことは基本です。場合によっては古いファイルで上書きしてしまうこともあります。バックアップがあればすぐに元の状態に戻すことはできるため、長時間ページがおかしくなったまま放置してしまうことはなくなるのです。

CSSはインターネット上で検索すれば、さまざまなサイトで勉強することができます。それほど難しいものではなく、HTMLの知識があれば比較的容易に取得することができるでしょう。コーディングをするのであれば必要になってくる技術です。