検索エンジンに対応したホームページにするには

広告の難しさ

ホームページ作成と広告の難しさ

広告の難しさSEOという言葉をご存知でしょうか。インターネットの検索サイトは自動でネット上からデータを収集するロボットを用意し、検索条件に合ったページをランキング上位に表示するような仕組みを用意しています。ただページを作ったからと言って、すぐに検索結果に出てくるようになるわけではないのです。また同じようなサイトが他にもたくさんある場合、古くから更新が頻繁に行われているサイトのほうが上位に出てくることが多くあります。検索サイトのロボットはキーワードの他にも、更新頻度や読みやすい文章になっているかどうかまでチェックしているのです。ホームページ作成では見た目も重要ながら、検索エンジンに拾ってもらえるかどうかを注意して作ることも大切で、この対策をすることを「SEO対策」と言います。

SEO対策をする場合、画像にはALTタグでどのような画像なのか説明文を入れたり、ページにどういったページなのか説明文を入れることを行います。ホームページ作成をするソフトは様々あり、メモ帳でも作ることが出来ます。ソフトを使ってホームページ作成をすれば知識がなくても自然と検索サイトに拾われやすいサイトができますが、ソフトを購入する必要があります。またトラブルが起きたときに対応しやすいように、社内にホームページ作成に関する知識のある人がいると理想的です。

ただしいくらSEO対策をしても、すぐに検索エンジンには拾われません。検索エンジンのロボットは周期的にネット上を徘徊していますが、制作したサイトを拾ってもらえるまでに時間がかかってしまうことがあるのです。急ぎで多くの人に見てもらいたい場合は、広告を利用すると良いでしょう。検索サイトや大手のポータルサイトでは、広告を掲載することができます。バナー広告はデザインを作ってユーザーを効果的に誘導できます。もしデザインを作る費用をかけたくないのであれば、テキストで入稿することも可能です。広告にもいくつか種類があり、クリックが保証されているものとそうでないものがあります。

人の集まるサイトのバナー掲載はお金もかかりますので、しっかりと効果があるかどうか検証する必要があるでしょう。また入稿規定というものがあり、なんでも掲載できるわけではありません。しっかりと規格を守ったもののみが掲載されることになります。こういったバナー制作のことを考えても、やはり社内にはWebの知識を持った人材が必要と言えます。