検索エンジンに対応したホームページにするには

管理は誰が?

ホームページ作成後の管理は誰がしたらいいの?

管理は誰が?実は個人でもホームページを持っているという人は意外とたくさんいます。昔はメモ帳でHTMLのタグ打ちができる人も多かったのですが、最近は簡単にホームページ作成ができるようになったことから、しっかりとHTMLを覚えているアマチュアの人は少なくなっています。ワードプレス等でホームページ作成をすれば、誰でも簡単にニュースを更新したり画像を追加することができます。難しい知識はいりません。個人で運営している人はアフィリエイトの広告を出すことで、副収入を得ている人もいます。主婦で旦那さんより稼ぎが良いページを運営している、なんていう例もあるくらいです。

会社でホームページ作成した場合は誰が管理をすれば良いのでしょうか。ホームページ作成を社内で行っていれば対応できる人はいますし、他に管理に慣れている人がいればよいのですが、よほど大きな会社でない限り毎日何か更新するということはほとんどありません。ホームページ作成時は確かに時間がかかるものですが、実は更新作業というものは簡単に終わってしまうのです。作成した人の腕が良ければ良いほど更新のことを考えられた作りになりますので、管理するためだけに人を1人雇うのは少しお金がかかりすぎてしまいます。

ではどのような人に対応してもらうと良いのでしょうか。制作会社に頼むと結構な費用がかかってしまいます。実はもっと安く費用を抑えることができる方法があるのです。それがクラウドソーシングというシステムです。クラウドソーシングとはネット上でお仕事が完結するタイプの、新しいタイプの働き方です。更新や管理だけであればそんなに時間がかかりませんので、そのときだけ誰かに依頼するのが一番費用を抑えることができます。依頼価格を提示しておくと、クラウドソーシングで仕事を探している人が応募してくれます。その中から技術力がありそう、信頼ができそう、責任感がありそうな人を選んで依頼をすれば良いのです。たくさんの人が応募をしてくれればそれだけ人を選ぶこともできます。最近ではフリーランスで仕事をしている人が増えているため、クラウドソーシングの利用者数も多くなっています。

ホームページ制作の段階からお願いをしているような会社もあります。実は有名なデザイナーさんもクラウドソーシングを利用していたり、意外なところで良いお付き合いが発生することもあるのです。定期的な案件でも引き受けてくれる人はたくさんいるので、非常に便利なシステムです。